人生がときめく夢占い

【 2021年新月】オススメの夜の過ごし方&願いが叶うサインの夢(月の夢・夢占い)

 

新月の1月13日14時から48時間にパワーが最高潮になります。

 

新月に必ずやると良いことは自分の願いを書き出すことです。

新月の夜の過ごし方や、願い事を書き出す際の3つのポイント、

願いが叶うときに見る夢などをお伝えしましょう。

スポンサードサーチ

【 2021年新月】オススメの夜の過ごし方&願いが叶うサインの夢

新月に願い事を書き出すメリット3つ

自分の願いを書き出すことによってたくさんのメリットがあります。

 

書くだけなら簡単じゃないと思うかもしれないんですが

まずは騙されたと思って1度やってみてください。

 

1. 書くことによって夢が明確になる

書くことによって夢がよりはっきりと明確になります。

 

日頃頭の中でぼんやりとイメージしてるだけでは夢が抽象的すぎて

現実になることが難しくなります。

 

またどんなことを具体的に行ったらいいかも分かりませんよね。

 

なので実際に夢を書き出そうとすると

「本当は自分はどうしたいのかな?」

「どんな願いを抱いているのかな」

ということがはっきりと明確になります。

 

こうしたことによって自分の願いが叶いやすい方向に向かい始めます。



そして自分の考えが整理されるのです。

 

2. 書くことで自分の考えが整理できる

 

書くことには自分の考えをはっきり整理する効果があります。

 

どうしても頭の中でごちゃごちゃしてしまう、様々な考えがスッキリと整理されて

夢を叶えるための筋道や目標を立てやすくなります。




夢や願望が目に見える形になればやる気も出てきやすくなりますし、

脳みそからドーパミンが放出されて行動に移しやすくなります。

 

 

3. 書くことで潜在意識に働きかける

また、潜在意識に働きかけることもできます。

夢を現実に引き寄せるためには、潜在意識への働きかけが必要です。

 

人の心は自分でわかっている意識の部分と意識していない部分があるのですが

自分では意識していない潜在意識の方が90%なのです。

 

この部分を振るい立たせるようなアクションをすることで

自分には願いを叶える力があると、思い起こさせることが必要です。

 

そのアクションが書くということで、非常に有効的なのです。

 

そして自分の潜在意識が起き始めると、いい夢を見始めると言われているのです。

 

 

この夢を見たら願いが叶うサイン!

願いが叶うサインとして

縁起の良い夢であったりとか、明るい光の夢であったり

金運や恋愛運がアップする夢を見ることができます。




また、今日は新月ということなので月の夢 を見た時の意味を説明しましょう。

 

月が夢に登場するときは、その月が明るく輝いていれば

欠け方には問題はなく良い予兆と言えます。

 

多くの場合は周りの温かい愛情や、頼もしい協力に恵まれることを暗示しています。



ただ、月はその姿を毎日変えてていくものですよね。



なので運命も気まぐれに変化することを忘れないでください。

 

チャンスだと思った時には行動をしなければいけません。

 

月の夢を見たらすぐに行動するように心がけましょう。



また新月のような細く綺麗な月は人生がこれから好転することを示しています。

 

もし今困難や苦労の真っ只中にいる人は

その悩みから抜け出すチャンスが訪れることを暗示しています。



細く光り輝く月は恋愛の進展も示していますしあなたの魅力が発揮されて人を強く惹きつけられるはずです。

 

精神的なつながりに加えて相性も高まるので身も心もぴったりと合う人が出てくるでしょう。

 

 

まとめ


月の夢を見たからとか願いを一度書けばが叶うなんて、ラッキーに思うかもしれません。

 

でも具体的に行動したことで少しずつ未来は変わっていきます。



せっかく今日1月13日、新月のタイミングでもありますので

なりたい自分はどんな自分かということを考えて言葉にしてみるのもいいですね。



願いを叶えることはすごく難しいわけではありません。



大事なことは自分の願いをはっきりとさせて

他の人と比べることなく自分の潜在意識に刻み込むことです。

 

まずは願いをお気に入りのノートに書いていきましょう。



最初から上手く書く必要はないので、気軽な気持ちでチャレンジしてみてください。

<ランキングに登録中です!応援クリックありがとうございます>


美魔女ランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 夢占いへ
にほんブログ村




-人生がときめく夢占い

© 2021 美JIKU