人生がときめく夢占い

【夢占い】初夢の意味!初夢でよく見る夢の意味とは?

 

 

あなたは初夢でどんな夢を見たことがありますか?

 

また初夢ってどんな夢を見るといいのかなとか

色々理解しているようでわからない事ってありますよね!



今回は新しい年があけたということで

初夢に関する内容をお伝えしてきます。

 

驚くことに

初夢と呼ばれるだけに夢がたくさんの人に注目されているということが

この言葉から分かりますよね。

スポンサードサーチ

初夢の意味!初夢でよく見る夢の意味とは?

初夢とはいつ見た夢?

 

初夢とはいつ見た夢だかご存知ですか?

 

1月1日から2日の夜に見るのが初夢とか



1月2日から3日の夜に見る夢が初夢などといろんな説がありますが、



基本的に新しい年を迎えて最初に見る夢のことを初夢と呼びます。



そして年越しの夢を初夢と理解したり、その時に夢を見なかったりすることもあるので

その説を統一するために

新年の夜元旦1月の1日から2日の夜か、2日から3日の夜見る夢ということを

統一して初夢と呼び、その内容を夢占いとして解釈されているそうです。

 

初夢の代表となる縁起の良い夢

初夢の代表として、みると縁起の良い夢は

 

一富士二鷹三茄子と、昔からいわれています。



この夢を見ると縁起が良いといわれる理由は

 

いろんな説があるんですけれども、

 

富士山は日本一の山、鷹は賢くて強い鳥、茄子は事を為すというところから

いい夢だという解釈になっているようです。



初夢以外でも縁起の良い夢はたくさんあるんですが

初夢の内容によって、1年の吉凶を占うことから大事な夢とされてるんですね。



初夢で見た夢が縁起の良いものであればその一年が良い年になりますし、

反対に縁起の悪い夢だった場合は、苦労するような出来事が起きるかもしれないという

注意を促す意味を表しています。

 

一富士二鷹三茄子に続く縁起物とは?

ただ、先程お伝えした一富士二鷹三茄子はこの続きがあるんです。

 

もっと深掘りしていくと吉夢とされているモノや存在がたくさんあります。



例えば「四扇」。 扇の夢は末広がりを意味しています。



そして「五煙草」。

 

タバコの煙は上に上がっていくので縁起がいいとされています。

 

タバコは祝い事の席には欠かせないものなので

場の雰囲気を盛り上げたり和ませるというところから縁起がいいといわれています。



「六座頭」

 

座頭とは琵琶法師の出てくる盲人のことをいい

このようなお坊さんが出てくる夢は

「毛がない」という言葉から「怪我をしない」というところに転じて

いい夢とされています。




一富士二鷹三茄子の続きがあったなんて、私も今回色々調べていて

初めて気がつきました。



その他に初夢に出てくるといいもの

また他に夢に出てくるといいものもお伝えしておきますので

来年の初夢に素敵な夢が見れるよう、今から準備をしていきましょう。



晴れた空の夢は前向きな気持ちでいろんなことがチャレンジできますし

正直でピュアな自分でありたいという気持ちの表れであり運気が上昇します。



虹の夢は今描いている思いや望みが叶ったり頑張っていることが

幸せをもたらしてくれる暗示。



追いかけられる夢は、心に不安や悩みを抱えている少しストレスのある夢ですが

うまく逃げきれられるような夢は心配事が解決されますし、

一見悪いような夢に見えても今後は回復に向かっていきます。



他にも金色の夢や、きれいな水の夢、血液がついたり、 汚物が体につく夢もとてもいい夢。

 

夢の中にはたくさん意味が含まれるような内容が隠されているので

どんどん配信させていこうと思います。

 

まとめ

最後に初夢だからこそ良い夢を見たいと思うものですが、

仮にもし嫌な夢を見てしまっても大丈夫です。

安心してください。



その年の運勢は悪いなあと考えてしまうよりも

その夢があなたに何らかの意味や警告を教えてくれているというアドバイスになるので、

その年一年を自分がどうやって過ごしていくかという決めていく指針になります。



夢はこれから生きていく上での幸せなヒントですから

自分からのメッセージとして真摯に受け取ってください。



また自分の見た夢について私に教えていただければ一緒に解釈させていただきます

<ランキングに登録中です!応援クリックありがとうございます>


美魔女ランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 夢占いへ
にほんブログ村

-人生がときめく夢占い

© 2021 美JIKU