人生がときめく夢占い

亡くなった人が夢に出てくる時の5つのサイン・夢占い

亡くなった親しい人を夢で見たけど

「あれはどんな意味があったのか?」

「それとも会いにきてくれたの?」

と考えることはありませんか?

気になる時に役に立つサインが5つあります。

亡くなった人の夢の意味とは

夢を通じてあなたとコミュニケーションをとることができるタイミングということ。

夢をみている間は、顕在意識のガードが下がっている時です。

なので、基本的に形を持たないエネルギー範囲にいる存在が

メッセージを送ったり受け取りやすくなるようです。

ただ、亡くなった人を夢にみたケース全てがあなたに会いにきているわけでもありません。

夢というのは、あなたの潜在意識が記憶や感情を整理する時間ですから

テーマが別である夢で、過去のシーンの登場人物として

現れることもありますし、

場合によってあなたの不安や恐怖を表すこともあります。

けれど、亡くなった人の夢をみた時

次のようなサインがあったら

亡くなった人があなたの潜在意識を通じてコンタクトを取りにきたのかもしれません。

 

 

 

スポンサードサーチ

亡くなった人が夢に出てくる時の5つのサイン・夢占い

1・普段の夢よりも印象が鮮明である

亡くなった人たちが会いにきてくれる時は

寝入った時や起きる瞬間が多いと言われています。

夢からさめるというより、印象が鮮明で「ハッと」目覚める時もあります。

 

 

2・亡くなった人が元気そうにしている

亡くなった人が夢に出てくる時

元気そうだった時の姿で出てくることがあります。

この場合は、メッセージが主に2つあります。

1つ目は、亡くなった後も魂は変わりなく元気でやっています。ということ

2つ目は、生前と同じようにあなたのことを愛し見守っています。ということ

 

時として、あなたに注意を促すために、怒ったり

感情的になって表現することもあります。

それは、あなたのことを愛しているからです。

 

3・はっきり会話をする

夢の中で、亡くなった人が何らかのメッセージを伝えてきたり、

あなたとの会話をすることがあります。

こうした時は、その内容が目覚めた後も

とてもリアルに感じたり、気になると思います。

この場合は、全ての場合において

会話があるわけではありません。

それは、亡くなった方からのコミュニケーションは

イメージやエネルギーと言われているからです。

 

4・目が覚めたあと夢の内容をハッキリと覚えている

普段見る夢で、特に注意することは

内容がおぼろげになってしまうことがあります。

しかし、亡くなった人が夢に現れる場合

目覚めた後も夢の中にいるかのように

ハッキリと内容を思い出すことができます。

 

 

5・目覚めたあと、優しく暖かい気持ちになる

夢のストーリーに特別なところがなく

普段のシーンの延長のような夢であっても

夢から覚めた時に、何だか温かい気持ちになっている自分に気がついたら、

それは夢を通じてあなたに愛を届けてくれたからです。

 

おばあちゃんやおじいちゃんからの

「わたしは元気にやっていますよ」

「また、会いにきますね」というメッセージなのかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

亡くなった方が夢の中に出てくる時のサインを5つお伝えしました。

いつでも、亡くなった方が見守ってくれると思うと

毎日を大切に生きたくなりますよね。

もし、亡くなった方と夢で会うことができたら

このサインを参考にしてください。

<ランキングに登録中です!応援クリックありがとうございます>


美魔女ランキング


にほんブログ村

-人生がときめく夢占い

© 2021 美JIKU