幸せを引き寄せる生き方

35歳で綺麗な人!30代超えても美人でいる秘訣とは?

35歳というと、いよいよアラフォーに突入!ですよね。

女性のアラフォーというと、年齢が気になるところですが

最近はアラフォーでも綺麗な人はたくさんいます。

 

そして、これをみているあなたも私もその1人。

 

アラフォーになると、生活や仕事、お子さんのやパートナーのことなど色々なことに悩みがちですが、そんな女性の深くに眠っている「綺麗になりたい」この欲求はだれもあるはず。

 

この記事を読むことで、アラフォーでも35歳すぎても綺麗になりたいあなたを応援できるような内容をお伝えしていきますね。

35歳で綺麗な人!30代超えても美人でいる秘訣とは?

30代超えても綺麗な人って?

30代を超えてもきれな人は「努力」をしています。

そして、「綺麗でいることを意識」しています。

 

もっと言えば、姿勢であったり目線であったり、ふとした仕草や手先足先の仕草まで意識している方が多いですね。

 

これは、誰かにコビを売っているのではなく、自分を律することを忘れていないということなのですね。

 

そして、いつでも「自分がどうありたいか」をハッキリさせています。

 

また、目標となるタレントさんやモデルさんを明確にして自分もなり切ったように行動し、少しでも近づく努力をしています。

 

モテる女性になりたかったら、男性から好かれる人を目標にしたり、凛とした女性を目指すのであれば、そうしたタレントさんを目標にする。

 

どちらも「憧れ」の存在がいるから、その人を目指して進んでいけるのかもしれないですね。

 

うん、そういう女性になれたらすごく素敵な気がしますね。

ただ、ずっと頑張り続けると疲れちゃうので「オンとオフ」のスイッチは切り替えた方がいいですね。

 

これは、例えが「お肌」になるのですが、いつもメイクをしているとお肌にも負担がかかるので、オフの時はお肌を労わるようにメイクをおやすみしたり、丁寧にケアする心がけも必要。

 

これを、自分自身にもしてあげることで、またオンになった時にパキッとしたキレイを魅せることができるのでしょう。

 

こうしたオンオフをハッキリしておくと、集中力も上がるので、

綺麗な人ほど、このことがわかっているのですね。

 

アラフォーが綺麗に見えるためにはハリ!

アラフォーが綺麗に見えるポイントは?

結論から申しますと「お肌」のハリなんですね。

 

ハリさえあれば美人に見える、といっても過言でもないくらいお肌は大事なんです。

では、どうすれば理想のお肌を育てることができるのか?

 

・お肌のうるおい

・キメの細やかさ

・ハリを強化

 

この3つが、アラフォー女性に必要なお肌ケア。

 

ハリ肌に向けて真っ先に取り入れたいのが「高いレベルのたっぷり潤いを与えてくれるお肌」

たっぷり潤ったお肌は、厚みと柔軟性を兼ね備えているので、自然とハリのあるお肌の状態になります。

 

コスメやスキンケアにおいても、「保湿」はかなり重視されているので、コスメ業界でも色々再認識されているようですね。

 

進化した保湿ケア用品がどんどん出てくるのはこのことからだと思いますね。

 

さらに、今は進化して、自ら潤いを生み出してくれるような再生力を兼ね備えた、スキンケア用品も出ているみたい。

これがあれば、潤いたっぷりのお肌を保てそうですよね。

 

また、お肌は潤いを与えるだけではなく、汚れをしっかり落としたり、与えた潤いをパックするケアが必要になってくるので、改めて綺麗な女性になるためには、努力が必要だなと実感。

 

でも、これができれば綺麗になれるのなら頑張っちゃいますw

 

素敵なアラフォーの過ごし方

素敵なアラフォーになるためには「なりきる」ことが大事。

 

目標を決めるとはお伝えしましたが、あたかもその人や綺麗な人になった気でいることって大事なんですよね。

 

これは、よく書籍でも書いてあることなので効果的。

 

わたしも最近「なりきり」を取り入れて、やりがいのある仕事や収入、恋愛や友人など全て手に入れてきました。

 

これって、綺麗な人になるということにもつながるのではないでしょうか?

 

あたかも綺麗な人になったつもりで、何があっても「綺麗な人だったらどうするかな?」ということを意識して行動することで、綺麗になれたら最高です。

 

これなら、やったもんがちですし、お金もかからないから何も負担なくできて、得られるものが大きいのでは?

女性は誰でも「素敵な女性」である自分に憧れていますから、想像力や演技力も溢れているんですよね。

 

その、自分の中にある綺麗を解き放って解放してあげましょう。

人生は1度切りですから、なりたい自分になった方がいいですね。

 

全てにおいて、自分を「綺麗で美しく、自分らしくある」ということを考え、それを行動にすることがキモですね。

それは、決してツンツンするということではありません。

 

そうではなく、自分は本当の自分を「価値のあるもの」と思って過ごしていると、人に優しくできることにつながります。

 

まとめ

綺麗にいること、綺麗になることは誰でも可能です。

そしていつからでもなれるのです。

 

「わたしはこんなだから」ということではなく、それは、一種の思い込みとか、勘違いで、誰でも綺麗になる要素はあるのです。

 

自分が美人と思うようになったら自然に背筋が伸びますし、だんだん自分の理想の美人に近付きます。

1つずつ試していきましょう。

 

<ランキングに登録中です!応援クリックありがとうございます>


美魔女ランキング

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

-幸せを引き寄せる生き方

© 2020 美JIKU