幸せを引き寄せる生き方

綺麗な人と美人の違いは何?綺麗が人としての魅力を増す!

あなたが魅力的に感じる女性は、どういう女性ですか?

 

年齢を重ねるにつれて、意識の違いが大きな差を生むようになります。

 

自分の見た目に自信がない人も、意識や努力をすることで綺麗な人になることは可能。

綺麗で魅力的な人になるためにはどうすればいいのでしょうか。

 

今回は、そもそも綺麗な人とはどういう人のことを言うのか考えていきましょう。

 

綺麗な人と美人の違いは何?綺麗が人としての魅力を増す!

美人だけでは綺麗になれない?

美人と綺麗な人の違いは、どこにあるのでしょうか。

まずは美人ですが、一般的に見た目が美しい人を指します。

 

顔が可愛かったり綺麗だったり、スタイルが良かったりモデルみたいだったり、平均的な容姿より長けている人が美人。

逆に、美人というだけでは、基本的にその人の内面をどうこう表すものではありません。

 

あくまでも見た目が美しいという表現になります。

次に綺麗な人ですが、見た目もですがそれ以上に内面が美しい人を指します。

性格が良かったり所作が丁寧だったり、落ち着きがある女性らしい人が綺麗な人と言えます。

 

これは、大人になるにつれて差が出てくるもので、見た目だけにとらわれず、内側から磨いている人が周りに与える印象です。

この分析から考察すると、美人は生まれ持った才能で、綺麗は自分で磨いて作っていくものだと言えます。

 

なので、美人になることは難しくても、綺麗な人になることは誰にでもいつからでも可能。

しかい、いくら見た目を磨いても、綺麗な人になることはできません。

 

綺麗な人になるためには、見た目もですが、それ以上に内面を磨くことが重要。

結論、美人だけでは綺麗にはなれません。美人だって誰だって、綺麗な人になるためには少なからず努力が必要ので、

以下では、綺麗な人とは具体的にどういう人のことを指すのか考えていきます。

綺麗な人は清潔感がある!

清潔感は、周りに良い印象をもってもらうのにとても重要な要素の一つ。

清潔感がある人を悪く思う人は、多くないでしょう。

 

なので、清潔感を身に着けることは、大勢の人から良いイメージをもってもらえることにも繋がります。

では、清潔感とは具体的に何なのかあげていきましょう。

整っているかどうか

肌の綺麗さや部屋や荷物の整理ができているかなど、当たり前のことをより丁寧に行うことで得られるものがほとんど。

肌であれば保湿などをしっかりとして整えたり、カバンの中を整理整頓したり、シワのない服を着たり、爪磨きやヘアケアなど細かいところまでケアをしたり、当たり前だけどなかなかきっちりできない部分を綺麗に保てる人は、清潔感が感じられます。

 

匂い

清潔感がある人からは、いい匂いがします。

いい匂いがするということは、自分自身を綺麗に保っているという証拠。

特に夏は汗をかいてしまうので臭いが気になる季節ですが、汗をかいたらすぐに拭いて臭い対策をするなど、清潔感がある人は臭いのケアまでしっかり行います。

またその匂いにも特徴があり、きつい匂いではなく、シャンプーの匂いだったり柔軟剤の匂いだったり、ほんのり香るのがベスト。

香水もいいですが、つけすぎには気を付けましょう。

食事マナー

大人の女性に食事のマナーは必須。

マナーを身につければ周りにいい印象を持ってもらえるし、ひとりの女性としてひとりの大人としてちゃんとしていると思ってもらうこともできます。

綺麗な人には内面の綺麗さが重要なので、マナーもしっかり勉強しておくといいかもしれません。

その場にあったマナーをしっかり守りましょう。

綺麗な人は態度にも出る!

いくら内面を磨いていても、それをいかに上手く利用して態度に表すかも重要になってきます。

綺麗な人は、見た目や内面と同じように、所作が綺麗です。具体的な例をあげていきましょう。

所作が丁寧

所作が綺麗な女性を見ると、綺麗な人だなと感じませんか?

一つ一つの動作が丁寧だったり、指先まで伸びていたりしていると、とても綺麗に見えます。また女性としての色気も感じさせることができます。

例えば、中指と薬指をくっつけることを意識すると、自然に指が伸び女性らしく見えます。

 

動作がゆっくり

ゆっくりとした行動をすることで、おっとりした印象を与えることができるでしょう。

時間に余裕をもって行動をしていると、心にも余裕が出てくるので、綺麗な人に必要な落ち着きが出てきます。

そういう動作は、大人っぽさだけでなく女性らしさも感じることができます。

姿勢がいい

背筋が伸びているだけで、綺麗な人に近づけます。姿勢はとても重要です。

どれだけ見た目が美しい人でも姿勢が悪いだけで台無しになるし、あまり見た目に自信がないと思っている人でも姿勢がいいと美しく見えます。

 

また姿勢がいいということは、体が起きて前を向いているので、自信をつけることにも有効的です。

 

話すスピードがゆっくり

綺麗な人の話すスピードはゆっくりです。

動作と同じように、ゆっくりとした言葉は、心の余裕と女性らしさを印象付けることができます。

また、ゆっくり話せば、考える時間を作ることができるので、誤って思ってもいないようなことを言ってしまう心配も少なくなるし、言葉選びも丁寧にすることが可能になります。

 

聞き上手

自分の話をするだけではなく、周りの話を聞くことも必要。

相槌をうったり、人の話に興味をもって質問をしたりすることで、聞き上手になれます。一番気をつけたいことは、人の話を聞いているうちに自分の話に切り替えてしまうことです。

 

自分の話しかできない人は子供っぽく見られてしまいがちなので、綺麗な人になるためには聞く能力を身に着けることが必要です。

 

まとめ

美人と綺麗な人には、大きな違いがあることがわかりました。

美人になることはできなくても、綺麗な人になることはできます。

誰にでも、なりたいと思ったときから、あなたは綺麗な人になることができるんです。

また、心の綺麗さは、いくつ年を重ねても衰えることがありません。

見た目を磨くことも大切ですが、見た目ばかりにとらわれず、内面から美しくなるために、今の自分を見直して、綺麗で魅力的な人を目指しましょう。

<ランキングに登録中です!応援クリックありがとうございます>


美魔女ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 美しい暮らしへ
にほんブログ村

-幸せを引き寄せる生き方

© 2020 美JIKU