キレイに過ごす生活習慣

言葉の綺麗な人はステキ!品のある女性の雰囲気は言葉から!

若いころの綺麗とは違い、大人の綺麗な女性には言葉遣いは非常に大切です。

日常生活の何気ない会話の言い回しなどで、周りの人に与える印象は大きいですよね。

 

綺麗な言葉を使う人には、自然と人が集まるもの。

 

「会話をしてると楽しい」「また話したい」などの気持ちを相手に与える事ができます。

言葉の綺麗な人はステキ!品のある女性の雰囲気は言葉から!

言葉の綺麗な女性の特徴は

まず、綺麗な言葉遣いを手に入れるには知る必要がありますよね。

ご自身の周りにいますか?

 

いなければ、アナウンサーの言葉遣いをお手本にしてみてはいかがでしょうか。

 

考えて話す

思いついたことをそのまま話すのではなく、1度考えてから口に出す事が大切ですよ。

考えることで、相手の年齢や立場、気持ちに合わせた言葉が自然と出てきますよね。

 

話す速度などにも気を付けましょう。

 

早口になると乱暴な印象になったり、語尾を最後まで聞き取れず雑な印象の原因にまってしまいますよ。

 

姿勢が良い

会話をする時は相手を見てするものですよね。

姿勢が悪いと綺麗な言葉で会話をしていても、すべて台無し。

 

背筋を伸ばす事で、相手と目線を合わせる事ができますよね。

目をみて会話をすることで、ちゃんと自分の話しを聞いてくれていると思ってもらえますよ。

 

話しをちゃんと聞いてくれる人とは、また会話をしたいですよね。

 

自信がある

綺麗な言葉には説得力がありませんか。

それは自分が話す言葉に自信があり、それが相手に伝わっているからですよ。

 

自信を持つ事で、相手の悩みにアドバイスできたり、何かを教えようなどの気持ちを持つことができますよ。

 

常に冷静

何があっても冷静に会話が出来る女性には品格を感じますよね。

的確な判断ができて、感情に左右されないので周りからの信頼は大きいでしょう。

 

何事にも動じない精神力を身につける必要があります。

強い精神力があれば言葉だけではなく、感情の高ぶりで怒ったり、取り乱して暴れてしまうなどの行動もなくなりますよね。

 

言葉は習慣もバレてしまう

会話をしているだけで実際に見てはないのに、こうゆう人なんだろうなと想像した事はありませんか。

【言葉は心を写す鏡】こんな言葉はご存じでしょうか。

 

話し方や言葉遣いで人間性や習慣がわかってしまうのですよ。

 

知性

会話の中で使っている言葉で相手の知識がどの程度あるかわかりますよね。

歳を重るほど、色々な経験をしてきてるわけですから、ある程度の事は知っていて当然ですよね。

 

自分が知らない話はとても刺激的でですよね。

知性あふれる話しが出来る女性は魅力的ですよ。

 

性格

相手の話しを遮って自分の話しばかりする人は、きっと自分勝手な人のはずですよね。

人の悪口や陰口などを話す人は心が綺麗と言えますか。

 

相手を思いやる言葉は、自然と優しさがにじみ出ますよ。

ネガティブな人は、前向きな言葉を意識して口に出してみてください。

 

継続することで言葉が心を変化させることができるでしょう。

 

謙虚

自慢話や相手をみて自分の都合で、話し方を変える人は信用できませんよね。

謙虚な気持ちで話すことで、気配りや感謝の気持ちを相手に伝えることができますよ。

 

謙虚な姿勢は、気さくな雰囲気を作ることができるので、どんな人にも合わせることができますよね。

 

美しい話し方を身につけよう

身につける為には何をしたらいいのでしょうか。

そして、何に気をつけなければいけないのでしょうか。

 

活字を読む

話し方を気を付けていても、言葉の意味や使い方を知らなければ、品のある女性とは言えませんよね。

 

色々な言葉や使い方を知ることで、相手に適切な言葉で気持ちを伝える事ができるでしょう。

 

ただ、「夜景が綺麗」より「光が輝く街並みの夜景が綺麗」の方が表現力が豊かになり、相手がイメージしやすですよね。

 

目上の人と話す

職場の上司や高齢者と話す時は、適度な緊張感と言葉を選んで会話をしませんか。

これは綺麗な言葉を使う、良い機会になりますよ。

 

友達や家族などと会話をする時には言葉遣いを意識していないはずです。

発する言葉を意識することが大切。

 

敬語

周りから失笑を招く言葉遣いは、決して美しい話し方とは言えませんよね。

よく耳にするのが、「お持ち帰りお願いします」これは持ち帰る自分に【お】をつける間違った敬語の使い方。

 

「お愛想お願いします」も意味を知っている人からしたら可笑しいものです。

 

【お愛想】はお店側の人が使うもので、正しくは「お勘定お願いします」が正解ですよ。

 

丁寧語

丁寧な言葉を意識すると、出てしまいがちなのが2重敬語。

「拝見させて頂きます」え?何が駄目なのかお分かりいただけますか。

 

【拝見】は見るの敬語なので、その後の【させて】は2重敬語になるんですよ。

この場合は「拝見いたします」が正解ですね。

 

「私には役不足です」なども可笑しな言葉遣いですね。

自分にはとても務まらないと捉えがちですが、正しい意味は「自分には物足りない」という意味になるのですよ。

 

女性らしい表現

少し言い方を変えるだけで、同じ意味を持つ言葉でも印象が全然違うますよ。

「わたし」という言葉も「わたくし」と1文字入れるだけで綺麗な言葉になりますよね。

 

「お暇なときに」でも十分綺麗ですが、女性らしさを求めるなら「お手すきのときに」の方が、より綺麗な女性の印象が強くなりますよ。

 

年齢に合った言葉

歳相応の言葉や表現力を身につけることも大切です。

流行りの言葉などを無理に使うと、誤解や不愉快な気持ちを与えてしまいますよ。

 

自分の話し方

会話をする態度や顔の表情も重要です。

鏡の前で自分が会話しているときの表情などを知る事も大切ですよ。

 

真剣な話しの中、腕組みや足を組んだ態度では相手に不快な印象を与えてしまいますよね。

 

まとめ

お伝えした通り、綺麗な言葉遣いを意識することで、自然と人が集まり周りからの信頼が得られます。

同時に、トラブルなどを事前に回避することもできますよ。

 

綺麗な言葉は人生を豊かにするのに必要。

 

品のある女性になるには、今までの【経験】と、相手を思いやる【気持ち】が大切なのではないでしょうか。

歳を重ねた大人の女性しかなることができない、品のある魅力的な女性を目指しましょう。

<ランキングに登録中です!応援クリックありがとうございます>


美魔女ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 美しい暮らしへ
にほんブログ村

-キレイに過ごす生活習慣

© 2020 美JIKU