心と身体のメンテナンス

書く瞑想「ジャーナリング」のやり方と絶大な効果とは?

 

あなたの願いを眠るだけでどんどん叶えていく夢占いチャンネルのカヨコです。

 

いつも忙しくてイライラしてしまう。

なんだか、心のモヤモヤが晴れない

 

という時ってありませんか?

 

毎日やることが多くて、ドタバタしていると

大切なことを見失いがちになってしまいます。

 

それは、自分と向き合うことを見失いがちになるんです。

 

わたしも、毎日他の人や目の前の成果を達成するために

頑張りすぎて、自分の気持ちを無視してしまった時期がありました。

 

でも、あることをすると、なぜかいつもスッキリしたいたことに気づいたんです。

 

それは「ジャーナリング」です。

 

ジャーナリングは、自分の心を整えたり、今まで以上のあなたのパワーを発揮できるスペシャルな方法。

 

今回は、書く瞑想とも言われているジャーナリングについて、今すぐできる簡単なやり方をお伝えします。

 

スポンサードサーチ

書く瞑想「ジャーナリング」のやり方と絶大な効果とは?

 

書く瞑想「ジャーナリング」の絶大な効果

 

ジャーナリングとは、心の中をありのままノートに書き出し

自分のことをより深く知る、という方法です。

 

その効果は、

 

1・集中力が高まる

2・ストレスの軽減

3・落ち込んだ気分の改善

 

など、たくさんの効果があると言われています。

 

ノートに書き出すだけなのに、たくさん効果があります。

 

書く瞑想とも言われていて、Google社の社内の研修などでも取り入れられています。

 

わたしも、心が落ち着かない時や、もやもやしている時は

時間をとって紙やノートを取り出し、書いて整理するということをしていました。

 

これは、当時ジャーナリングとは知らないかったのですが

書き出すと自分の本当の気持ちを知ることができたり

何よりももやもやしていた気持ちがスッキリしたので

その効果は絶大です。

 

今の時期は、情報が多くなっていたり、社会情勢の変化が激しい時なので

毎日不安や心配なことが多いですよね。

 

そんな時こそ、このジャーナリングをすることで

心を落ち着けることができるので、ためしていただければうれしいです。

 

書く瞑想「ジャーナリング」のやり方

 

では、やり方を説明します。

どんなものでもいいので、ペンとノートを用意します。

 

あとは、その時に書いていきたいテーマについて、頭に浮かんできたことを書き出すだけ。

もし、書きたいテーマが思い浮かばない時は

 

・今日の出来事で感じたこと

・今、不安に感じていること

・今後、やってみたいこと

・こんな自分になりたい

 

などの、テーマを選んで書いてみてくださいね。

 

ジャーナリングの例ですが

「今、スッキリしないな~」ということについて書いていくとすると

 

なんか気持ちが落ち着かないな~なんでだろう・・・。

昨日までは楽しく過ごせていたのに、何かが引っかかるな~なんでだ?

というように書き出していきます。あくまで例です。

 

全て書き出したら、改めて書いたことを眺めてみて、

感じたことを書いたり、客観的に見ていくといきます。

 

考えを書き出してみると、もやもやの原因や気持ちを吐き出してスッキリしてくることがあります。

 

ジャーナリングの本質の部分は、ありのままの気持ちを書いていくことで

ありのままの自分のことを知るということです。

 

しかも、より深くしることができます。

 

書いた内容というよりも、

 

「自分はこんなことを考えているんだ~」

 

という自分の本質を認識することができるのです。

 

また、新しい自分を発見することができます。

 

新しい自分を受け入れることができると

次第に気分が前向きに保つことができると、考えられています。

 

書いてスッキリするだけではなく、不安や問題にも

ポジティブな姿勢で向き合うことができようになります。

 

テーマについて、慣れてきたら

・自分の長所は何か?

・5年後、10年後は何をしていたい?

・自分が1万大切にしている価値観は?

 

など、より深いテーマについて、自分と対話できる内容を選んでみてくださいね。

 

書いていく上で、大事なポイントは

「誰かに見せるものではない」ということ。

 

なので、綺麗に書く必要はなくて、遠慮せずに思いっきり言葉で書いていきます。

 

その方が、本当に自分が感じていることをありのままに表現することができます。

 

書き始めて何も言葉に出てこない時は、書くことがないな~

なんだろうな~、思いつかないな~という心の声を書いてあげて

次の言葉が浮かんでくるのを待ってあげれば大丈夫です。

 

わたしも、よく書いていくうちに字を間違えた時

「あ~間違えた~」なんて言葉を書いていくこともあります。

 

書く時間は、好きな時に好きなだけ書くという感じで大丈夫です。

 

また、朝の5分や寝る前の10分というように、書く時間を決めておくと

さらに習慣化しやすくなります。

 

個人的には、時間を決めないで書きたい時に書く方が

続けることができるので、今でも楽しく書くことができています。

 

また、書く時はできるだけ1人で書く環境を作る方が、集中することができます。

 

なにより、自分の心の声に耳を傾けやすくなり

人の目の気にせずに書くことができるので

周りの目が気にならない場所で書いていくことをおすすめします。

 

ジャーナリングは、気持ちを整える習慣として、継続して行ってみてください。

 

また、過去のノートを見返すと

「この時、こんなことを考えていた」

と自分を振り返ることもできます。

 

毎日じゃないくても、週に1回書く、少しの隙間時間に書くなどでもいいので、

「やってみたい」という方は、ぜひ自分を整える習慣として取り入れてみてください。

 

まとめ

 

今回は、書く瞑想「ジャーナリング」についてお話してみました。

普段は、自分の感じていることってあえて、言葉にしないことも多いと思うのですが、

ノートに書き出すと、改めて自分の気持ちを可視化(目で確認)することができます。

 

忙しい毎日だと思いますが、少しだけ時間を自分のためにとって

ノートを通じて自分と対話をすることすることで、気持ちが楽になったり

前向きになったり、目標に向かえるエネルギーになると思いますので、やってみてくださいね。

 

もし、ジャーナリングをしてみて、こんな風になりました!という感想がありましたら

コメント欄に書いてみてください。

<ランキングに登録中です!応援クリックありがとうございます>


美魔女ランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 夢占いへ
にほんブログ村

 

 

-心と身体のメンテナンス

© 2022 夢占いkayoko/願いが叶う潜在意識クリーニングBLOG